ノニの起源

ハワイでのノニの歴史は1500年も前にさかのぼります。ポリネシアからの移民者がノニをハワイへ持ち込んだと言われています。

それ以来ハワイアンはタロイモを主食とし、さとうきびをデザートとし、そしてこのノニを有用植物として愛用してきました。ノニは、諸症状に合わせた調合の際にベースとして使用されてきました。

 

左の絵は古代ハワイアンの祈とう師、カフナスです。 カフナスの重要な役割のひとつは、有用植物を使った行為と祈りによって、病人を癒すことでした。絵の右下に見えるのがノニです。ノニは古代ハワイアンにとってあらゆるシーンに必要不可欠なものであると書かれています。

 

カフナスたちは、ノニの植物をベースに、症状に応じてさまざまな有用植物を調合して用いました。この植物は、多くの有用植物の働きを助けるものでもあったのです。

また、「ノニ」という言葉はポリネシア語で「混ぜ入れる」という意味で、これが語源であると言う説もあります。ノニは果実だけでなく、皮、葉、種、根など、どこを取っても捨てるところがなく老若男女が使える万能有用食物として大切に扱われました。

使用方法も内服、外用の両方と幅広く様々な用途にて使用されてきました。

このようにノニはハワイアンに愛用され、生活の一部となりました。用途だけでなく、味・使用方法も様々な工夫がなされ、珍重され、今も尚愛用されています。

 

  • トップページ
  • ノニについて
  • マウナノニとは
  • Q & A
  • 試飲会情報
  • 取扱店舗
  • 法人の方へ