化学が実証!ノニの真実

 

科学が実証!ハワイ産業の新しい星

ハワイ州当局は、この時代の要請に応えて90年初頭から、1500年にわたる有用植物ノニの歴史的経験則を科学的に裏付けるために(州上院議員リチャード松浦、州財務委員長アン、小林氏の尽力で)ハワイ大学・(医学部薬理学教室・チーフ古澤英一教授)の研究チームに多額の研究助成金を交付して、ハワイ興しのために、つまりハワイノニを使った癒しの都にすべく、その研究を物心両面から協力にサポートしてきました。

研究チームはハワイ島、カウアイ島のノニ(フレッシュノニ果汁)を使って研究し、そのことは、学術論文に記載されています。

 

● American Activity for Cancer Reseach(92年5月20日~23日・サンディアゴ、カリフォルニア)での歴史的発表になりました。(研究チームのアン・ヒラズミ女史はこの研究によって念願の博士号を取得しました。)

● 次いで1994年,1996年、の2回の、概要論文を発表。1999年にフルペーパー(完全版)フレッシュノニジュースに豊富に含まれてる複合多糖体についてロンドンのフィトラ・リサーチに発表。

● 第2回目フルペーパーが2003年12月フィトラセラピー・リサーチに発表。

 

※ フレッシュノニ果汁の主成分複合多糖体(アラビノース・ガラクトースラムノース)が含まれていて60兆もある人間の細胞を一つ一つ包んで健康に維持するための大切な成分です。

フレッシュノニ果汁に含まれる多糖体は、分子量(1万~10万程度)がとても小さいため吸収が良いという利点があります。

  • トップページ
  • ノニについて
  • マウナノニとは
  • Q & A
  • 試飲会情報
  • 取扱店舗
  • 法人の方へ