ノニの比較

最良のノニ果実は、安全な土壌(核実験がない)ハワイ島カラパナ地区の火山性溶岩の地層そして海の潮風によって育ちます。なぜなら潮風と、水はけのよい溶岩土壌の為、根がぐんぐん伸びてより天然ミネラルを高めるからです。

そして、何よりもハワイ大学での研究で科学的実証解明され歴史的に学術論文が発表され、使用されたハワイ産ノニはフレッシュジュースで、ノニの主成分天然「複合多糖体」有用成分が豊富に含有している事が明らかになり世界で一大センセーショナルを巻き起こしました。これが私たちがハワイ諸島のハワイ産フレッシュノニジュースしか使用しない最大の理由です。

現在市場に出回っているノニ商品は、ポリネシア産醗酵飲料タイプのものが多く販売されております。多く見られる発酵ノニ飲料タイプは、冷蔵庫がない時代の昔ながらの伝統保存方法で、仕入れもしやすく輸送方法の事情により殆んどの業者が取扱っています。なぜならノニジュースは酵素が多く醗酵しやすいからです。醗酵タイプは、黒褐色の色と食感が醤油に似ており、そこに含まれる糖分は有機物に転換してPHを減らし酸を増やしアルコールに変化する原因(05%~1%)になります。そして一般的発酵食では微生物の種類、酵素の種類、(酵母菌、乳酸菌、麹菌など)発酵によって作られる成分などは分かっておりますが、ノニ発酵食品は雑菌により発酵するため複合多糖体が変化し量も減少、酸化することでビタミンCも大減少します。 ノニジュースの栄養素は140種類と言われますが主成分は「多糖体」高分子でそれ以外は低分子の食物の作用の成分です。そしてノニ発酵飲料では科学的に研究がなされてなく学術論文もありません。(古沢英一教授)

 

成分(100g当たり)                                  / ノニ製品 マウナノニ 100%ジュース 他社               発酵ノニ飲料
複合多糖体     (分子量1万~10万)/合計 210mg 130mg
アラビノース 70mg 40mg
ラムノース 40mg 30mg
ガラクトース 100mg 60mg
ビタミンCアスコルビン酸 130mg 31mg
アルコール数値 検出されず。 0.5%~0.9%
検査機関 財団法人日本食品分析センター分析試験結果べ

 

マウナノニ100%で使用されているノニジュースはフレッシュタイプで、日本で唯一、ハワイ大学で研究科学が実証した、フレッシュ有機ノニジュース(ハワイオーガニックファーマー 協会認定ノニ)です。フレッシュノニジュースは輝く琥珀色をしていて、ハワイでは、生のジュースがとても人気がある商品になっています。生のジュースは木から取り立ての果実が本来持っている糖分が含まれていて、甘くてフルーティな風味があり飲みやすい傾向があります。

またノニパウダーも、ハワイの中でも、ハワイ島のカラパナという場所でしっかり管理されているオーガニックノニのみを使用しております。

ハワイ島は幾度も噴火をし、その土壌が火山性土壌溶岩のところがいくつもあります。その代表されるのがカラパナ地域です。そこで育ったノニは火山性土壌の豊富なミネラルを含んでいます。またこの地域は非常に降水量が多く湿度が高い地域で、その様々な整った環境で弊社の源、ノニは育っております。

 

当社は、ハワイ州知事により、マウナグループのハワイ産ノニに対する活動が高く評価され、2002年2月15日を「マウナノニの日」として制定され、州政府、ハワイ大学ノニ研究チーム(古沢英一教授)の全面的なバックアップを得て「ヒーリングの都ハワイ」をスローガンに掲げ、今「ノニ」によって癒しの輸を日本はもとより世界に発信しています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

  • トップページ
  • ノニについて
  • マウナノニとは
  • Q & A
  • 試飲会情報
  • 取扱店舗
  • 法人の方へ