レザーウッドハニー a00001

2,484円(税184円)

 1本3本
180g
購入数

レザーウッドハニーとは


レザーウッドハニー

タスマニア島西部にしか育たない不思議な植物 “レザーウッドの木”(学名:Eucryphia lucida)は、長い年月をかけてゆっくり成長し、やがて小さな白い花をつけます。十分な蜜量が採れるようになるまでには、100年単位の長い時間がかかります。
そんな稀少なレザーウッドの木の蜜を集めたのがレザーウッドハニーです。
レザーウッドのハチミツは、独特のエレガントな香りと複雑な味わいが特徴です。採蜜を許可された養蜂家は、この地上にたった5人、希少性ゆえに幻のハチミツと呼ばれ、世界中のグルメ達が収穫を心待ちにしています。
リアルフードは、ターキンレジョンという一番奥深い地域の養蜂農家(ビーキーパー)から、直接買付け、最高グレードのレザーウッドハニーをお届けしています。


レザーウッドハニーの特徴


レザーウッドハニーは、多くの他のオーストラリア産ハチミツに比べ、2〜3倍の抗酸化作用、抗炎症作用、プレバイオティクス、などがあると言われています。

また、2009年9月23日付けの新聞、The Mercuryの記事によると、化学者チャールズドラッガーがタスマニアの10人の養蜂家から、彼らのハチミツの中の抗酸化物質含有量を検査したところ、北西部で取れたレザーウッドハニー(それはロビーさん・二コラさんご夫妻が管理している=(有)リアルフード・ドット・ジェイピーが輸入しているもの)の値はとても高く、南地域で取れるものに比べ、倍近い含有量があった、と報告されております。
ハチミツは、採取する花の違いで、香りや味が違いますが、その地域により、同じ種類の花であっても、土壌、環境、風土が違うと、その味や香りだけでなく、栄養面も変わってきます。 大量生産をせず、原生林の森の中で、ゆっくりとミツバチを飼育し、育てているがゆえの栄養面での他社との違いが、ロビーさんと二コラさんのハチミツには出てきているのだと思います。


おすすめ商品